《お風呂に軟水機?》

お風呂に軟水機って?

世界の水に比べると日本の水道水は比較的カルシウムやマグネシウムなどの硬度成分が少ない軟水と言われています。

しかし、硬度成分が全く含まれているわけではなく、よく台所や浴室でみる白い水垢などは硬度成分が乾燥してこびりついたものですので間違いなく硬度成分は含まれています。

軟水はお肌によく、肌荒れや肌のトラブルに良いと言われており、軟水機を使うことでかゆみが治まったとか、髪がサラサラになったとかいろいろなメリットがあると言われています。

軟水機の構造

温度調節されたお湯を軟水機内部にあるイオン交換樹脂を通過することにより、硬度成分を排除した軟水を得る仕組みになっています。

硬度成分はこのイオン交換樹脂に付着することで軟水となるため、定期的に食塩水等で洗浄することで繰り返し使うことが出来ます。

本当に軟水が出ていますか?

軟水機には軟水チェック用の指示薬があり、軟水だと青色に、硬水だと赤色に変化します。

これで定期的に確認することで安心してご利用いただけます。

メンテナンスが面倒じゃない?

スライド式カバーで再生剤投入が簡単にできます。本体上部のスライド式カバーを開けると大型の再生剤投入口があらわれます。再生剤をこぼす心配も少なく、簡単に作業ができます。